スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

殴り書き映画レビュー。

2011/03/08 Tue 00:52

どうも、大学を卒業します、のむらです。
昨日、「皇帝ペンギン」というペンギンのドキュメンタリー映画を見ました。ペンギンの可愛い姿を見れるのかなぁと借りましたが、見てビツクリ。マイナス60度の中、絶食したり、卵を産んだり温めたり、、、あんなユルい風貌でありながらも、実は世界で最も過酷な子育てをする鳥類(wikipediaより)だそう。その卵が低温に耐えられるのはわずか数秒間。常に股の間に挟まなければなりません。移動する時もです。メスが卵を産んでそのまま股に挟んでいるんですが、ゴハンをとりに行く間はオスに卵を預けなければいけません。その際に卵をうまく渡せなかったら卵は死んでしまうんです。失敗して、ころん、と転がる死んでしまった卵を見つめる姿が切なかったです。。
色々と、ペンギンリスペクトな映画でした。あとペンギンのいちゃつき方が濃厚でこれまたビツクリ。どきどきしました。
良かったです。

ドキュメンタリー映画のおすすめがあったら教えてください。ちなみにわたしからのおすすめは「精神」っていう日本のやつです。なかなか心が抉られてしまうけど、いい後味を残してくれました。「人は、欠点を埋めるようにして働けばいいのだ」という言葉が印象的でした。なんか支えられる言葉です。
こちらもぜひ。
∧( 'Θ' )∧
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
ドキュメンタリー映画はOCEANSしか見たことないけど、良かったよ!前に言ったかもだけど。笑
ドキュメンタリー映画には今まであまり、興味なかったけど、
見てみたくなりました。
ペンギン、逞しいね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。